MENU

抜け毛が!でもダイエットも・・・産後の女性の薄毛におすすめの抜け毛予防もできる食事

妊娠中、出産後の体内では何が起こっているのか?

抜け毛が!でもダイエットも・・・産後の女性の薄毛におすすめの抜け毛予防もできる食事

女性は子どもを妊娠すると、出産そして産後まで体内で女性ホルモンの量が大きく変化します。
妊娠初期から黄体ホルモンの「プロゲステロン」と卵胞ホルモンの「エストロゲン」が増加します。
プロゲステロンは、子宮内の胎盤を完成させる為に大量に作られ、胎盤が完成してからは妊娠を維持する為に、胎盤から分泌されます。
しかし、肌荒れや便秘をおこしたり、すぐにイライラしたり、急に泣き出すなど情緒が不安定になるという面もあります。
エストロゲンは、胎児の成長に合わせて子宮を大きくしたり、母乳を作る為に乳房を大きくして乳腺を発達させるなどの働きをします。
エストロゲンには、毛が抜けない様にするなどの面もあり妊娠中に毛深くなったりするのはこの為です。
どちらのホルモンも、妊娠の継続には欠かせないものですが、産後は妊娠継続の必要がないために一気に減少します。
その結果、心身共に様々な不調が現れるのです。
気分が落ち込んだり、無性にイライラしたり、子どもが可愛いと思えずに出産を後悔してしまったり、周りの何気ない一言で傷ついてしまったり、今まで自分が好きだった事や物に興味を無くしてしまうなどの「産後うつ」になってしまったりします。

 

産後うつは、ホルモンバランスだけでなく、完璧主義であるとか何でも一人でやってしまう性格の方が、なりやすいともいわれています。
身体面では、疲れやすくなる、腰痛や不正出血がある、抜け毛がひどい、頻尿や便秘になる、痔になるなどたくさんの症状です。
これらは、ホルモンバランスが落ち着けば、やがて収まるものです。
ですが産後は特に慣れない育児での疲労やストレス、夜中の授乳や赤ちゃんが夜に寝なくなるなど慢性的な睡眠不足も重なり、とてもつらい時期です。
無理は禁物ですので、周りに辛い気持ちを吐き出したり、無理に動いて家事をやろうとしたりせずに、とにかく休む事を心がけるようにしましょう。

悩んでいる人が多い髪の悩みとダイエット!食事で対策は?

産後多くの方が抜け毛、そしてそれによる薄毛に悩んでいます。
前にも書きましたが、この抜け毛、薄毛も産後の女性ホルモンの減少によって起こります。
妊娠中は髪の毛や体毛が抜けない様にするエストロゲンが、増えているため抜ける髪の毛が少ないのです。
しかし、出産後エストロゲンが一気に減少すると、髪の毛も大量に抜けるのです。
この症状は「産後脱毛症」「分娩後脱毛症」と呼ばれています。
これらの症状は、食事対策をしてみるのがおすすめです。
髪が生えるには、原料となるお肉や魚、大豆などに含まれるタンパク質、髪を育ててくれるひじきやわかめなどの海草類、頭皮の環境を整えてくれる豚肉やレバーに多く含まれているビタミンB郡、髪を強くする牛乳や小魚、チーズなどのカルシウムなどの栄養素が効果があるとされています。
そして、産後の気になる変化として、産後に体重が妊娠前より戻らないというものもあります。
これは、妊娠中は当然胎児がお腹にいますので、胎児の分の体重が自分の体重に加わります。
胎児が約3キロ、胎盤と羊水が約0.5キロ、大きくなった子宮や乳房に多くなった血液などが約4キロといわれています。
それ以外で体重が増えるのは、脂肪や水分です。
産後に、体重が落ちないのは妊娠中に増えた脂肪ですがなかなか、激しい運動をするなどのアクティブなダイエットは身体に負担となりよくありません。
そこで、食事を工夫して体重を落とす様にしてみると良いでしょう。
特に母乳で赤ちゃんを育てているお母さんは、赤ちゃんに母乳で栄養をとられお腹が空きやすくなっています。
妊娠中の感覚でご飯やおやつを食べていたら、体重は減りません。
母乳をやめた時にも、その感覚でいると体重は減るどころか増えてしまいます。

ですので、産後はヘルシーなご飯を心がけるようにしましょう。