MENU

女性の薄毛症状に多いびまん性脱毛症の症状とは

びまん性脱毛症とは何か

びまん性脱毛症とは、おでこや頭頂部の一部分の脱毛が進行するのではなく、髪の毛全体が薄くなってしまうというものです。
急に髪のボリュームが減り地肌が目立つようになった、髪が細くなってきた、抜け毛が増えたという人は、びまん性脱毛症の疑いがあります。
頭の広範囲にわたって少しずつ症状が進行するため、気付いた時にはかなり脱毛が進行してしまっていることも。
女性の薄毛の悩みの半数以上をしめるのがこの症状です。
中年以上の女性に現れることの多いのですが、最近では若年層でもその症状に悩んでいる人もいるのです。

 

原因と対策を考えよう

原因として考えられるのは、まず女性ホルモンの減少や乱れです。
女性ホルモンの中には髪の毛の成長を促すホルモンがあるのですが、加齢や妊娠・出産などによってホルモンバランスが乱れると、髪の毛が抜けていってしまうのです。
これは意識して改善することはできることではないので、育毛剤などで早めに対処することが大切です。

 

またカラーリングやパーマによる頭皮へのダメージが、脱毛を進行させてしまう要因の一つです。
回数を減らしたり、ダメージの少ない方法を選ぶなど、頭皮への刺激を減らしてあげるよう心がけましょう。